最近の模型雑誌で付録となっていた営団2000系。
営団にも付録にもコレといって目を付けることはありませんでしたが、GMが発売したオプションパーツの両開扉を見た瞬間、7100系の製作がひらめきました。

TOMIXの7000系から名鉄7000系シリーズの改造が可能であることは広く知られていると思いますが、パーツとして両開扉というものが売られることがなかったため、7100系の製作はあまり行われていないようです。とりあえず、そんなきっかけで製作を始めることとなりました。

製作期を参考にされる場合は、最後まで目を通してから作業するようにお願いします。また製作過程をそのままを紹介していますので、失敗した部分も載せています。十分注意してください。

汚い写真ですがエッチングパーツが両開扉です。7000系の片開扉と比べてもいい具合に広いですね。
製作にはTOMIX7000系中間車を使用します。写真はシンナーでスカーレット塗料を落とした状態です。旧製品は色を落とすと黒になるようで落とした後にちょっと後悔・・。
扉の部分をピンバイスで穴をあけ、ヤスリで整えた後、扉パーツをはめてみました。予想以上にいけると判断!!
車体の色があまりに黒いので、グレーに塗装しました。あけた扉の部分はパテで整え、パーツぴったりのサイズに修正します。
全部あけた状態です。雰囲気が少し出てきました。
扉パーツを取り付けた部分は裏からプラ板などで補強しておきます。7700系のとき痛い目を見ているので・・^^;)
こんな感じでいいでしょう。
続いて0.3ミリのプラ棒を使いある部分を再現します。それは・・
扉下のステップです。両開扉パーツは既存の扉よりも幅広なので元あったステップは削り新たにプラ棒で再現します。
先頭部分は乗務員扉などを作るため一度側面を埋めてしまいます。プラ板→パテの順に行います。
これがパテ修正。この後、削り平らに整えます。
・・と、気泡ができることもあるので何度か修正を重ね平らにします。
そして乗務員室後方の窓をピンバイスなどを使いあけます。
次に乗務員扉もあけましょう。窓と扉の位置決めが重要!!定規などを使い慎重に位置を決めます。
上であけた乗務員扉に合わせて扉本体をプラ板から製作します。
ドアを仮組みしてみました。こんな感じでどうでしょう。

inserted by FC2 system