3700系は、3500系の後継者として平成9年に登場した通勤車です。3扉ロングシートで、VVVFインバータ制御方式となっており、最高速度は通勤車両ながら時速130km/hと強脚の持ち主。
名鉄車両は長い間、卵型(側面が丸っこい形)でしたが、3700系は車体の大型化が計られ直線になっています。同時に屋根も若干高くなりました。3700系は5編成20両が、2両編成の3100系も23編成46両が在籍しており本線、支線を問わず多くの路線で活躍しています。
このグループ以降、ステンレス車の登場が始まったことから、スカーレット単色車両の最後の形式となりそうです。
GM(GREENMAX)製の阪急通勤車を改造しています。先頭車運転席後方の窓を小さくするため、1箇所切り継ぎが必要です。側面はキットそのままの状態ですが、雨どいの位置が若干違うため、ヤスリで削った後、プラ棒を側面から屋根に差し掛かった位置に取り付けています。
モデルは2次車3703F編成。名鉄独特のワイド前面ガラスも毎度のことながら苦戦を強いられました。角ばりのある車体が特徴的ですが、なかなかうまく再現できず、3500系のような雰囲気を醸し出す結果となりました・・^^;)
3703 豊橋側先頭車
3753
3853 動力車。こちらも1200系と同様フライホール加工済みの動力を使用しています。
3803 名鉄岐阜側先頭車
前面はプラ板からの自作になります。制御機器は阪急8000系のものを使用しているため実車とだいぶ異なっています。
行先種別幕は「急行」がGM製の北総鉄道用ステッカー、「新鵜沼」は錦林車庫製のステッカーを切り抜いて使用しています。
側面先頭側です。ロゴは個人製作品です。ロゴ一つでだいぶイメージが変わりますね。
中間車です。乗降扉に銀で色差しをすると引き立ちます。側面方向幕と車番デカールは錦林車庫製のものです。位置がおかしいのにお気付きでしょうか・・?
扉が赤一色では少し寂しいですね・・上半分をグレーにしなかったのは面倒だったから+実車が赤に塗り直されたから・・といったところでしょうか。
中間車のシングルアームパンタです。TOMIX製E231系用のもので、これが意外と壊れやすく、ひし形パンタの方が模型では保守が簡単です。当鉄道では初の導入です。
パンタまわりのパーツは資料があまり手に入りませんでしたので適当な部分もあります。
台車はGM製のSSタイプを使用しました。
1000系などと同様、車体と台車間をギリギリまで詰めました。車体内側のバリを削り0,5ミリ上にプラ板を付けます。床下機器と台車の高さが異なるので床板を加工する必要があります。
側面窓の黒い柱を細く削るとより実感的になりそうです。
前面からです。ライトはGM製京急1500系ライトパーツ(GMショップでパーツが小売で買えます)です。
前面ガラスはアニメーションフィルム(厚さ0.1ミリ)を使用しています。
スカートは自作で、銀河モデル製のワイパーを装備しました。
全体写真です。
3100・3700系は、もう少し前面に角ばりがあってもよさそうです。
3500系のような顔になってしまいました・・^^;)

inserted by FC2 system