見た記憶、乗った記憶が微かにある程度なので、詳しいことはわかりません。幼少期、竹鼻線末端区間(羽島市役所−大須)運用に就いていた姿を何度か目にしています。見たといっても田んぼを挟んで直線距離でも400m以上は離れた位置から・・。前パンタの旧型車らしいスタイルも去ることながら、当時主流の打鐘式踏み切り音が蘇ってきます。
手持ちの書籍から車輌について簡単に紹介します。
昭和32年に登場した間接非自動制御車(俗にHL車と呼ばれている)。台車・機器は流用品だが、車体は全鋼金のものを日本車輌にて新造。その総数は41両にも上った。
昭和43年、46年に一部の編成が高松琴平電鉄に売却され、昭和48年から53年までは、瀬戸線に一部転属した編成がある(その後、本線に復帰)。
低出力のため、晩年はローカル線(三河線、尾西線など)を中心に活躍した。
写真がないので、提供していただける方がおりましたらお知らせ願います。
鉄道コレクション(通称:鉄コレ)の名鉄3700系をベースにしています。
ボディ自体が頑丈にできていることに加え、車体・台車間も程よい間隔が取られているためスマートなスタイルをしています。
塗装を落としてもパテ埋めなどの作業は不要で、手すりや渡り板などの別パーツを取り付けた後、クレオスのモンザレッドにて再塗装しています。屋上ベンチレータの塗りわけや床下機器を濃い目のグレーで再現することで、完成品とは若干異なる雰囲気に仕上げています。
また、幌を取り付けたり、乗降扉まわりを細密化するなど、所々オリジナル性を取り入れ、安価な商品をそれなりの値段に見えるよう小細工しました。
1500円と非常に安価な鉄コレですが、この値段ではめ込み窓パーツが付属してくるというのが一番のモチベーションになった気がします。
3731 動力車
プラ製のカバーや金属パーツを黒く塗装しています。そうすることで車内がスッキリした感じに仕上がるはずなのですが効果は今ひとつ・・。
2721
実車はクロスシート車も存在したようですが、製品そのままのロングシート仕様にしています。
3731正面。
行先・種別サボはプラ板より自作し、ステッカーにGMのものを使用しました。
手すりを真鍮線と銀河パーツで再現し、渡り板をプラ板より自作しています。
エアーホース、ジャンパ栓、開放テコは銀河のパーツを使用しています。
銀河モデルから鉄コレ用のパーツが多数登場しており、旧型車製作の際は重宝しています。
個人的には前面、側面のはめ込み窓がお気に入りです。この値段でよくぞここまでの製品にしてくれたなぁ・・と。
乗務員扉下の乗降ハシゴに銀河のパーツを使用しました。
スカートがない分、こういった微妙な空間に目がイッてしまいます。
台車、床下機器はクレオスの軍艦色(2)で再現しています。濃い目のグレーを用いることで旧型車の雰囲気が出ればよいのですがどうでしょうか。
パンタは説明書の指定通り、TOMIXのPS13を使用しています。屋根には取り付け用の穴も開いているので容易に装着できます。パンタの形状や強度も申し分ないです。
初の黒パンタ仕様車の誕生です。
乗降扉のドアガイドレールはインレタにて再現しています。
靴ずり部分にエナメルのシルバーを色差ししています。
窓サッシが車体色をしているので、こういったラインが良いアクセントになります。
車番は、アルナイン3730系キットに付属していたデカールを切り継いで貼り付けています。
屋根はクレオスのニュートラルグレーで塗装しています。ベンチレータを軍艦色(1)で再現したことで、メリハリをつけました。本来ベンチレータは白に近い塗色ですが、実車はすぐに汚れてしまうのでグレーで再現しました。
幌はGMのパーツを使用しています。パーツは明るい灰色なので、床下機器同様、軍艦色(2)で塗装しました。
貫通扉は塗装していません。
鉄コレシリーズはアーノルドカプラーしか対応していない点が残念です。トレーラー車にはTNカプラーが取り付けられるのですが、鉄コレ用動力車はTNカプラー非対応なのです・・。
3721は元から付いているダミーカプラーを使用しているため、その周辺も細かく手を加えました。
トミーテック製品なのでTNカプラーの装着も容易で、将来の4連化も考慮し、2721の方はTNカプラーを装着しています。
前照灯をシルバー、標識灯をスモークグレーで色差ししています。
細部のディテールに手を加えたため、鉄道模型らしい形に仕上がりました。
貫通扉付近のステップは省略していますが悪しからず・・。

鉄道コレクション(通称:鉄コレ)の高松琴平電鉄1020系(名鉄3700系の譲渡車両)をベースにしています。
琴電1020系はオープンパッケージで且つ、一方が低運転台、もう一方が高運転台という異なる面構えで発売されたため、2セット購入すれば名鉄3700系の低運転台編成と高運転台編成がそれぞれ作成できますが、本作は唯一の高運転台編成3704Fを再現しています。前作の3721Fも同じ鉄コレから製作していますが、屋根と台車のグレーの色味を濃い目のものに変更しています。
3704
本編成は、先に完成した3721Fの連結相手として製作したため、どちらもトレーラー車となっています。
2704
側面窓にサッシが付いているため、3730系に近い雰囲気が出ます。
ドアガイドレールは、他作品と同様、シルバーのインレタ転写により再現しています。
屋上を軍艦色(2)、ベンチレータを軍艦色(1)で塗装したため前作よりも濃いグレーとなっています。
これまでいくつか旧型車を製作してきましたが、これくらいの濃さの方が現実的ですし、カッコよく見えます。
こちらも特に前作と違いはありません。
増結車として製作したため、2704がダミーカプラー、3704にTNカプラーを装備しています。
今となっては幻の「碧南経由吉良吉田行|準急」です。碧南−吉良吉田間を電車で乗ってみたかった。
同じ鉄コレから製作しているので、今回製作した左3704と前作の右2721がきれいに連結できます。車体色の赤味具合、渡り板、手すり、おデコの高さがピッタリ合っているので美しい編成になりました。
貫通扉は前作同様手抜きで赤のまま、カプラーもノーマルのままです。連結面間が思ったよりも狭いのかR243、R280カーブレールで脱線したため、幌は2704のみに取付けています。
高運転台は人気がないとの記事を目にしたことがありますが、個人的には高運転台の面を気に入っています。
白黄色の準急板が想像していたよりも良い感じでした。

inserted by FC2 system