昭和34年に登場した日本初の大衆冷房車。2扉転換クロスシート車で昭和期は特急、急行で活躍していました。平成に入ってからも各線の急行、普通で活躍。
抵抗制御で最高速度は時速110km/hと当時の登場車輌の中では高性能の持ち主でした。
4両編成と2両編成が各5本ずつ計30両ありましたが、2003年までに2両編成3本がリバイバルカラー車となって残るのみとなり、7700系などを併結し本線にも足を運んでいました。惜しまれつつも2005年1月29日を以って全車廃車となっています。
画像提供 松の木さん
GM(GREENMAX)製キットを組んだものです。このキットは、他に富山地方鉄道や長野電鉄の車両も作ることが可能で、そのためか同じ1/150でもTOMIXパノラマカーなどと比べて若干車幅が広く、連結すると不格好になります。中間車を作る際は切り継ぎを行い、戸袋窓をやや小さくする必要があります。
なにはともあれ、名鉄車両がキット化されているのはうれしいことで、我が家には現在4両編成が1本、2両編成が1本在籍しています。
5506(1次車) 豊橋側先頭車 動力車
5555(1次車)
5556(1次車) 岐阜側先頭車
5505(1次車) 豊橋側先頭車
5520(2次車) 岐阜側先頭車
5519(2次車) 豊橋側先頭車
向かって右の車輌のカプラーは、TOMIXの伸縮TNカプラーを使用しました。カプラーの取り付けには若干加工が必要で、前面パーツの内側を削ってうまくはめ込んでいます。
詳しくは「模型製作集」の方を参照してください。
ステッカーはGMの「急行岐阜」にしました。実車の5500系はなくなってしまいましたので平成6年くらいと言うことで・・。
今回は乗務員扉のサッシと手すりをシルバーで色差ししてみました。実車は赤のままでしたっけ?? 
アンテナはTOMIXのJA-06、アンテナ台座はキットに付属しているものです。登場時を再現するようでしたらアンテナは不要ですね。
クーラーは1次車仕様なら1両につき7個、2次車仕様なら8個を配置します。写真は奥が1次車、手前が2次車となっています。
キットの説明書ではプラ板を7ミリ×9ミリに切り台座を作ると良いと書かれていますが、7ミリ×7ミリの方が実車に近いと思います。というより、そうでないと8個配置は屋根上スペース的に難しいです。
パンタまわりです。パンタはGMのPT42、屋根はグレー、クーラーはシルバー、配管はエナメル塗料のシルバーを使用しました。塗りわけをすると車輌が引き立ちます。
側面です。扉閉確認灯をクリアーブラックで色差し、乗降扉のシルバーラインは西武鉄道用ドアデカールを細く切って貼り付けました。
実車の雰囲気が出ているでしょうか?
キットの幌を削り、KATO製の大きめの幌を使用しました。幌の高さには若干違いがありますが、キットそのままよりは感じが出ます。
妻面貫通扉はホワイトにブラックの色差しをしています。
カプラーはKATO製のジャンパ管付きの密連型を使用。実車と異なりますがそこら辺は目をつぶることに・・m(_ _)m
実車はクリーム色でしたっけ?黄緑色だったような気も・・^^;)
連結面です。実車のように広めにとりました。
先頭車同士の連結です。両編成とも片側のみTOMIX製伸縮カプラーを装着しています。
GM特有の腰高を改善するために、車体と台車間を縮めています。
両先頭車の手すり位置がズレていますが気にしないで下さい・・^^;)
エアーホース、ジャンパ栓はキット付属のもので、レッド、ホワイト、グリーンの塗りわけは手間が掛からない割に精密感を演出できます。
ライトはシルバー、クリアブラックを使用、Hゴムは黒で色差し。すべてエナメル塗料です。

inserted by FC2 system