複線レールは敷いたものの、まだまだ空きスペースがたくさんあります。
中央に3線留置線のようなものを設け、左端は複線の支線を再現することにしました。
ストラクチャーの配置なども徐々に決めていきます。

3.車庫部分の再現とストラクチャーの設置
空きスペースに3線分の留置線を設けました。中央のバラストのないところには機関庫が置かれます。
奥には詰所を配置。
左側に2線増線し、4本の運転を可能にする予定です。
TOMIXの新しいポイント(グレー)は切換部の凹とした部分がないのが気に入り、使用することにしました。
バラストはライトグレーとブラウンを併用しているため、疎らな色合いになっています。
このままでも良さそうですが、後ほど塗装します。
機関庫側です。
機関庫が置かれる部分にはバラストが入らないよう、注意しました。
エンドレールはLEDではなく、アナログタイプを使用しています。
詰所側の柵の外は、アスファルト舗装としました。
雑誌で紹介されていたモーリンの材料を使用しています。ザラザラ感を演出でき、強度も十分です。色合も丁度いい具合です。
線路は以前紹介したように、プライマー、グレー、茶の順にエアーブラシにより吹き付けています。
ポイント部分はマスキングするなど注意が必要です。
レール表面に付着した塗料をシンナーを浸した綿棒にて取り除いたのですが、ジョイントによっては断線されてしまうようです。ハンダで修正すれば通電は問題ありませんが、レールを塗装する際は筆塗りが無難かもしれません。
名鉄に、このような形の詰所があるかはわかりませんが、TOMIXのもので再現しています。
KATOのものは近代的な建物だったので、こちらを選択しました。
機関庫はTOMIXのストラクチャーを使用しました。
タミヤのウェザリングマスターAを用い、錆やススといった汚れを表現しています。
所持している車輌は全検後、もしくは納車直後を再現しているので、ウェザリングすべきか悩みましたが、レールをブラウン系で再現しているので、それに合わせて加工しました。
機関庫全体。
2つ並べるといい感じです。
詰所とポイント部分です。
ポイント周辺はポイント(機械部)を壊さないように十分注意しながらバラスト散布・固着を行います。
留置線と支線(奥の2線)の間にある白い線は、関係者用の通路となります。1.5mm×1.5mmのプラ角棒を使用しました。
関係者用通路は、マスキング後、グレーで筆塗りしました。
できればバラスト再現前にやりたいところですが、それはそれで面倒な気がします。
検討の余地ありです。
仕上りはこんな感じ。
遠目からではわかりません・・。

inserted by FC2 system